The Sky's Your Only Limit

努力で天才に勝つ方法を見つけたい。

国体都予選、東日本、社会人、国体関東ブロックと、かなりレース続きだった。

この期間に得たものはある程度あると思うが、乗らない期間がまた1か月

できてしまったのと、エイトからフォアになった点もあり、

自分は再現性の高い状態で乗艇に復帰することが苦手である。

この点、他のコックスはどう克服しているのだろう。

大学生の時は、大体ずっとエイトか、乗らないかだったけど、

シーズン中に乗らないことのほうが少なかった。

 

 

 

次のレースまで1か月。

役に立つかは分からないけど、漕手に言われたことをとりあえずまとめておいて、

多少のイメージ作りにしておくことにする。

 

・まだラダーの切る幅が大きい

・艇の中心にいるつもりで、そこがセンターに来るように

・アタックが分かりにくい

 いつ入ったっけ?となる。本当の勝負所以外は簡素でいい。

・アタック前もっと集中、インプットさせてから

・スタスパの曲がりはある程度仕方ない、コンスタントの切り替えのところはシビアに

 真っすぐかつ、切らない(切ってると思わせない)、振られない状態で移行

・「だと思う」「気がする」ではなくて断定で

・イメージレースもっとイメージさせて

 敵の存在、自分たちのペースのアップダウン、「レースならここいくよ」

 (たぶん、家で一人で歌うか、カラオケで一人で歌うかの違いに似ている。)

 

 

より遠くをぼんやり見ることと、困ったら艇を主語にすること。